洋楽リスナー誰もが知りたい、耳寄り情報を幅広くキャッチできる洋楽総合エンタテインメントサイト

“NEW” のハッピで関空ロビーに登場!/ポール・マッカートニー「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」 来日公演初日前夜のスペシャル決定!/ポール・マッカートニー『ポール・マッカートニー「Something New」来日公演前夜祭』 ドキュメンタリー公開と来日の2014年/ディープ・パープル 見事にパッケージングされたすばらしき関係性/ザ・ローリング・ストーンズ『 “スウィート・サマー・サン” ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク 2013』 ジャパン・プレミアで世界最速上映!/ザ・ローリング・ストーンズ『 “スウィート・サマー・サン” ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク 2013』

各国で爆発的セールスを記録中のチャリティ・アルバム/『SONGS FOR JAPAN』 ライブ・アルバム情報

画像(208x208)・拡大画像(500x500)

3月25日午後10時から、iTunesのみの配信限定で全世界同時発売となった『SONGS FOR JAPAN』。タイトルからもわかるとおり、東北地方太平洋沖地震の被災者支援を目的としたチャリティ・アルバムで、レコード会社の枠を越えたトップ・アーティストたちの38曲のナンバーで構成されている。いうまでもなく豪華な内容で、それは同時に、短い時間で権利関係や楽曲使用の許諾をよくクリアしたなと感心してしまうものでもある。つまり、緊急事態における反射神経のよさであり、その、日本人にとっては大変にありがたく、うれしいコンピレーション盤の収録曲は以下のとおり。

1. John Lennon「Imagine」(1971年)
2. U2「Walk On」(2000年)
3. Bob Dylan「Shelter From The Storm」(1975年)
4. Red Hot Chili Peppers「Around The World」(1999年)
5. Lady Gaga「Born This Way」(2011年)
6. Beyoncé「Irreplaceable」(2006年)
7. Bruno Mars「Talking To The Moon」(2010年)
8. Katy Perry「Firework」(2010年)
9. Rihanna「Only Girl(In The World)」(2010年)
10. Justin Timberlake「Like I Love You」(2002年)
11. Madonna「Miles Away」(2008年)
12. David Guetta「When Love Takes Over (2009年)
13. Eminem featuring Rihanna「Love The Way You Lie (2010年)
14. Bruce Springsteen「Human Touch」(1992年)
15. Josh Groban「Awake」((2006年)
16. Keith Urban「Better Life」(2004年)
17. Black Eyed Peas「One Tribe」(2009年)
18. Pink「Sober」(2008年)
19. Cee Lo Green「It's OK」(2010年)
20. Lady Antebellum「I Run To You」(2008年) 
21. Bon Jovi「What Do You Got」(2010年)
22. Foo Fighters「My Hero」(1997年)
23. R.E.M.「Man On The Moon」(1992年)
24. Nicki Minaj「Save Me」(2010年)
25. Sade「By Your Side」(2000年)
26. Michael Bublé「Hold On」(2009年)
27. Justin Bieber「Pray」(2010年)
28. Adele「Make You Feel My Love」(2008年)
29. Enya「If I Could Be Where You Are」(2005年)
30. Elton John「Don’t Let The Sun Go Down On Me」(1974年)
31. John Mayer「Waiting On The World To Change」(2006年)
32. Queen「Teo Torriatte(Let Us Cling Together)」(1976年)
33. Kings Of Leon「Use Somebody」(2008年)
34. Sting「Fragile」(1987年)
35. Leona Lewis「Better In Time」(2007年)
36. Ne-Yo「One In A Million」(2010年)
37. Shakira「Whenever Wherever」(2001年)
38. Norah Jones「Sunrise」(2004年)

すべてが既発曲で、もっとも古いものは1974年に発表されたエルトン・ジョンのアルバム『カリブ』に収録された「僕の瞳に小さな太陽」で、もっとも新しいものは今年2月に発表されたレディー・ガガのシングル「ボーン・ディス・ウェイ」のリミックス・バージョン。文字どおり、新旧のアーティストによる新旧のナンバーが目白押しで、ロックやポップスやヒップホップなど、ジャンルもバラエティに富んだものとなっている。しかし誰が選曲したのだろう、日本語の歌詞が登場するクイーンの「手をとりあって」が収録されているのは、ニクイというべきか気が利いているというべきか。ちなみに、これは彼らの数あるアルバムの中でも非常に人気の高い1枚である1976年発表の『華麗なるレース』からのナンバー。また、スタジオ・バージョンだけでなく、レッド・ホット・チリ・ペッパーズやマドンナやスティングらのナンバーは、ライブ・バージョンが収録されている。

この『SONGS FOR JAPAN』、日本では1500円での販売で売上げは義援金として日本赤十字社に寄付される。そして、すでに爆発的セールスを記録しており、日本をはじめ、各国でiTunesのアルバム・チャートの1位となっている。

Posted by ライター島田諭 2011.03.27 Sun

ページの先頭へ